北名古屋市 観昌寺(かんしょうじ) ~坐禅 供養 墓地 うすさま明王~

名古屋に近く静かな場所にある”かんしょうじ”。坐禅会を定期的に実施。先祖を供養する個人の墓地・永代供養合同墓あり。

TEL.0568-48-6515 / E-mail: info@kanshouji.jp

〒481-0041 愛知県北名古屋市九之坪庚申前25番地

基本情報

寺院基本情報 What’s Kanshouji

寺院名
宗教法人 観昌寺 (かんしょうじ) 正式な字は ”觀昌寺” ですが、簡易な”観昌寺”を当サイトでは使うようにしています。
宗派
曹洞宗 (そうとうしゅう)
住職
丹羽 宏明(平成18年10月入寺) 宗教法人観昌寺の代表役員です。
   
所在地
〒481-0041 愛知県北名古屋市九之坪庚申前25番地
   (くのつぼこうしんまうえ25ばんち)
TEL. 0568-48-6515
創建
天正 2 年 (1574年 安土桃山時代)
本尊
十一面観音(じゅういちめんかんのん)
年間行持
平成29年 観昌寺年間行持予定
お掃除当番予定表
平成28年4月~平成29年2月
当山鎮護
烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)
明王殿にはお大師様もいらっしゃいます。
西春二十一大師 19番 札所 現在閉所
尾張近四国八十八ヶ所 69番 札所 現在閉所
先祖供養/墓地
建牌供養 (於 観昌寺位牌堂)
個人の墓苑(於 觀昌寺境内地 並びに 菰口墓地)
永代供養合同墓 (於 観昌寺境内)
本山
福井県の永平寺 と 神奈川県の總持寺
境内地
約1,930m2(580坪)
取引銀行
西春日井農協、三菱東京UFJ銀行(株)西春支店、ゆうちょ銀行

観昌寺縁起 The origin of Kanshouji

張州府志 (?張州府志の説明はこちら)
『九之坪村に在り。曹洞宗。同村平田寺に属す。』
尾張徇行記 (?尾張徇行記の説明はこちら)
『府志曰、九之坪村に在り。曹洞宗。同村平田寺に属す。 覚書に寺内年貢地。当寺書上に境内五畝歩村除、 此の寺海翁珍公といへる僧天正二甲戌年創建す、 寛政元酉年法地再興あり、号花厳山。』

観昌寺略歴 HISTORY

天正2年(1574年)
安土桃山時代 創建 海翁珍公の開基
天正9年(1581年)
平田寺四代中山元甫大和尚草創開山
安永7年(1778年)
法地中興開基 百川鐵城和尚 入寺し規模を整える
天保5年(1834年)
六世 大應眠牛大和尚入山 山門新設、諸堂改修
明治22年(1889年)
6月本堂焼失。
明治24年(1891年)
10月28日 濃尾震災被災。稲荷堂震倒(現存せず)。
明治29年(1896年)
10月に本堂を再建。十世 中興鐵城法船大和尚代
大正12年(1923年)
明王殿改造。開山堂新築。
昭和9年(1934年)
庫院改築
昭和37年(1962年)
本堂補強工事等を実施。
昭和44年(1969年)
本堂壁及び庫裏壁塗り替え。山門補修。
平成18年(2006年)
庫院新築
平成21年(2009年)
本堂外壁塗り替え。明王殿外壁貼り替え。
平成23年(2011年)
永代供養合同墓新設
平成25年(2013年)
大相撲名古屋場所式秀部屋宿舎開始
平成28年(2016年)
山門修理。境内外塀をフェンスに改修。